スポンサーサイト


2015.11.29 Sunday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




光り輝くノーベル賞の陰で・・・


2014.12.14 Sunday | category:雑感

いよいよと言うか、とうとうと言うか 今年も雪が来た。



今の我が家の庭先…
今朝、昼過ぎと2回「雪かたし(除雪)」をした。
春まではこの白い世界が友達だ。

さてさて、気になるニュースは山々あれど、今日はこの物件。

発明者がノーベル賞を受賞し
省エネの救世主のように評価されているLEDについてのお話し。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

青色LEDの光に殺虫効果 - 東北大が発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000100-mycomj-sci
12月10日(水)Yahoo News

東北大学は12月9日、青色光を当てると昆虫が死ぬことを発見したと発表した。

同成果は同大学大学院農学研究科の堀雅敏 准教授らの研究グループによるもので、12月9日付けの英科学雑誌「Scientific Reports」に掲載された。

光は波長が短いほど毒性が強いと考えられている。UVC(100〜280nm)やUVB(280〜315nm)といった波長の短い紫外線は生物に対して強い毒性があることが知られ、これより長い波長の紫外線(UVA: 315〜400nm)には明らかな致死効果が報告されていない。よって紫外線よりも波長の長い可視光(400〜500nmの青色光)が昆虫のような動物に対して致死効果があると考えられていなかった。

今回の研究では、様々な波長のLED光をショウジョウバエのさなぎに当てて、殺虫効果を調査した。その結果、青色光を当てたさなぎは羽化できずに死亡したという。特に440nmと467nmの波長が高い効果を示し、467nmの光は卵、幼虫、成虫に対しても殺虫効果を発揮したという。

また、蚊のさなぎに対しては417nmの青色光に効果が認められたほか、小麦粉の害虫であるヒラタコクヌストモドキのさなぎに対しては非常に高い殺虫効果が確認された。

同研究グループは光が昆虫の内部組織に吸収され、活性酸素が生じ、細胞や組織が傷害を受けるため死亡すると推測しており、種によって異なる波長が効果を発揮することから、さまざまな害虫に適用できるクリーンな殺虫技術の開発につながる可能性があるとしている。また、青色光やそれに起因する活性酸素の生体への影響を評価する研究への応用も期待されるという。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、一見ニンゲン様の暮らしには都合のイイように書かれているのだが、
農山村部の街路灯などにまで普及が進むLED
ワタクシ的には、どーしても自然生態系への影響を懸念してしまうのだが…。

ちなみに、以前blogにもUPしたようにLED光の波長が
ホタルの成虫の飛翔及び発光活動の抑制 (配偶行動及び産卵行動の阻害)
幼虫の上陸行動の阻害や成虫の光コミュニケーションの撹乱・妨害など
その生態に悪影響を及ぼすと云う研究発表が既になされている。


*ホタルは人工光が苦手 LED照明、産卵を阻害
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009033001000112.html


「省エネ」=「エコ(エコロジー)」であるかのように錯覚をしてしまいがちだ。
気をつけなくてはいけない。

そしてLEDの悪影響はニンゲン自身にも及んでいる。


2014.3.10の米国「Earth Island Journal」に、こんな記事が


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「LED Streetlights Save Energy, but Could Have Some Serious Side Effects」
白色LEDは人体と環境に悪影響を及ぼす可能性
http://hikarigai.net/mediablog/?eid=344​

そして日本でも警鐘を鳴らす学者が居る。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ノーベル賞で脚光の「青色LED」 長時間見続けは目に悪影響
2014年10月12日 日刊ゲンダイ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/154059
ノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇氏(85)ら3人に世界中が「拍手喝采」を送っている。「20世紀中の実現は困難」といわれていた青色LEDは、もはや人々の生活に欠かせないものになっている。

ただし、青色LEDの光は、人間の目に“ダメージ”を与えるらしい。岐阜薬科大学・薬効解析学研究室の原英彰教授はこう言う。

「LEDのブルーライトが目に悪影響を及ぼすことはよく知られています。私たちは研究で、そのメカニズムを解明しました。波長の短い青い光は網膜の中に侵入しやすい。その結果、細胞障害の原因になる活性酸素が発生しやすくなるのです。逆に、波長の長い緑色の光では活性酸素の増加は見られませんでした。人体に及ぼす影響はハッキリと分かっていませんが、眼精疲労や急性網膜障害につながる可能性もある。パソコンやスマホ、LEDのイルミネーションなどを長時間見続けると悪影響が出る恐れがあります」

会社でパソコン、移動中はスマホとにらめっこ……こんな光景は今や当たり前になっているが、気をつけないと、いずれ障害が出る恐れがあるのだ。

原教授は「ブルーライトを遮断するメガネや、パソコンの遮光シートなどで対策をするべき」と警鐘を鳴らす。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニンゲンがニンゲンのご都合…
というか「エゴ」でもって自爆するのは因果応報というヤツ、仕方がない。
しかしその煽りを喰って傷ついたり死んでいってしまう、
たくさんの生きものが存在している事に気付かなくてはいけない。
ニンゲンにそれら
罪の無い生命を奪う権利など、どこにも無いハズだ。

12月に入り、町ではLEDのイルミネーションがにぎわい始めた。
でもその光源の近くの軒先や物陰に、オツネントンボやテントウムシ達が
来年に命をつなぐため、懸命に越冬しようと身を寄せ合っていることを忘れてはいけない。











 




スポンサーサイト


2015.11.29 Sunday | category:-
  • 15:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




コメント
大切な情報をありがとうございます
私も同じ感想を抱いています
もうイルミネーションは止めたらいいのでは?と思っています
自然の星空やホタルの光などの方がどれ程美しいものか 知らない人が多いのだろうか・・・

  • yuuko
  • 2015/01/22 12:55 PM
コメントありがとうございます。
ご無沙汰しています。

先ず言い訳を一つさせてください。
ご存知かとは思いますが昨年末
笠木透さんが亡くなられました。
blogにも書きましたが、10月に電話で元気なお声を聞いていたので、ほんとうに信じられませんでした。

それに重ね会津のとても信頼をしている
先輩で仲間でもある友人が無くなりました。

その喪失感にblogに向き合う気持ちになれないまま
年が明け、今日に至っています。

しかし先日ある方が笠木さんの死に捧げた一文・・・

(笠木さんを敬愛する)友人たちは、失意の中で茫然として無為な日々をおくることこそ笠木 透が忌み嫌うことであるということを認識している。少しだけ時間を要するかも知れないが、「笠木 透がやり残したことを継承発展させる」ために立ち上がるだろう。
 「100年後を見据えて笠木 透が撒いた種」を育て花咲かせる…それが「残されたもの」「笠木 透を敬愛するもの」の責務だと認識している。

を拝見し、元気をもらいました。

そして今日、yuukoさんからも元気をいただきました。
ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。
  • Haokah
  • 2015/01/22 6:40 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
        

プロフィール

最新記事

カテゴリー

アーカイブス

コメント

おすすめリンク

others

        

このサイトの検索

        

sponsored links

                 

recommend

        

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM


©ari